マス広告の限界

これまで、各企業のマーケティングと言えば、大々的に展開するマス広告であったり、DMのようなばらまき作戦であったりと、費用対効果を考えると首をかしげたくなるようなものばかりでした。そして企業の体質として、低コストへの変換が求められる現在、マーケティングの手法も徐々に変わってきたのです。

企業は今、マーケティングに際して様々な課題を抱えている現状と言えます。社内でのマーケティングに振り分けられる予算は縮小され、さらにその効果までもしっかりと求められるようになりました。顧客は多様性の高まる社会の中で、選択肢が大きく広がり、その変化にマス広告の限界が見え始めたのです。こうして、各企業のマーケティングの見直しは余儀なくされ、新たなマーケティングの手法を模索した結果、オウンドメディアにたどり着いたというわけなのです。

では、このオウンドメディアとは一体どのようなものなのでしょう。オウンドメディアとは、企業が自社のサイトなどを介して、顧客にダイレクトなマーケティングを行うもので、顧客に対しピンポイントの情報を提供できるものとして注目されているのです。サイトやブログ、SNSなどを駆使し、顧客との接点を増やし、顧客の多様性に対応し、そして利益を上げていくという手法と捉えればいいでしょう。