オウンドメディアの仕組み

オウンドメディアというマーケティング手法が定着しつつあります。これまでのマーケティングと言えば、マス広告と呼ばれる大規模なものがほとんどでした。これは、不特定多数の顧客に向けたもので、その規模は大きく経費も企業にとってかなりの負担となります。また、大きく広告を打って出た割に、その効果は芳しいものではなく、費用対効果としてはかなり低いものと言えるでしょう。こうした中、オウンドメディアはこれからのマーケティングとして、各企業が注目しているのです。このサイトは、そのオウンドメディアのメカニズムについて説明します。

マス広告は、認知度を上げるには有効かもしれませんが、それが企業にとって売上に繋がるものとは言えなくなってきました。顧客は必要なものにしかお金を払いません。しかも、価値観が多様化する社会において、顧客のニーズも多様化し、マス広告では対応できなくなったのです。こういった時代の流れに見事に合致したマーケティング。それがオウンドメディアです。

オウンドメディアのメカニズムは、自社サイトのコンテンツを充実させ、さらに他のメディアを補完し、企業価値を高めるものです。顧客目線での商品の紹介、SNSやマス広告との連携などで、顧客からの信頼を得て、それが結果的に商品の購入へと繋がっていくのです。もちろん、自社サイトということで費用面での負担も小さく、さらに顧客のニーズに細かく対応できるため、費用対効果にも優れ、これからのマーケティングの主役となる存在と言えるのです。