オウンドメディアの時代へ

ネットが普及し、顧客はあらゆる情報を得られるようになりました。企業は自社のサイトへの訪問者を増やすことで、顧客を確保しようとします。その際重要なのがSEOですが、以前と比べ検索結果の上位表示の条件として、充実したコンテンツが重要視されるようになりました。つまり、サイトの内容に企業は重きを置くようになってきたのです。

こうした背景もあり、オウンドメディアは注目されるようになりました。ではこのオウンドメディアは具体的にどのような仕組みになっているのでしょう。オウンドメディアはペイドメディアと呼ばれる広告メディア、アーンドメディアと呼ばれるSNSなどを補完し、効果や信用を高め、企業価値を上げていく役割を持っています。

また、顧客目線でのコンテンツにより、リピーターを増やし、そのリピーターから評価を得て、さらなる検索結果の上位表示を目指していくのです。このように、オウンドメディアは自社サイトから情報発信し、他のメディアとの関係を保ちながら、顧客をリピーターに育て、自社のファンにしていくというメカニズムを持っているのです。さらに、このオウンドメディアは従来のマス広告などに比べ、費用的にも優れ、これからさらに拡大していくものになるでしょう。

マス広告の限界

これまで、各企業のマーケティングと言えば、大々的に展開するマス広告であったり、DMのようなばらまき作戦であったりと、費用対効果を考えると首をかしげたくなるようなものばかりでした。そして企業の体質として、低コストへの変換が求められる現在、マーケティングの手法も徐々に変わってきたのです。

企業は今、マーケティングに際して様々な課題を抱えている現状と言えます。社内でのマーケティングに振り分けられる予算は縮小され、さらにその効果までもしっかりと求められるようになりました。顧客は多様性の高まる社会の中で、選択肢が大きく広がり、その変化にマス広告の限界が見え始めたのです。こうして、各企業のマーケティングの見直しは余儀なくされ、新たなマーケティングの手法を模索した結果、オウンドメディアにたどり着いたというわけなのです。

では、このオウンドメディアとは一体どのようなものなのでしょう。オウンドメディアとは、企業が自社のサイトなどを介して、顧客にダイレクトなマーケティングを行うもので、顧客に対しピンポイントの情報を提供できるものとして注目されているのです。サイトやブログ、SNSなどを駆使し、顧客との接点を増やし、顧客の多様性に対応し、そして利益を上げていくという手法と捉えればいいでしょう。

オウンドメディアの仕組み

オウンドメディアというマーケティング手法が定着しつつあります。これまでのマーケティングと言えば、マス広告と呼ばれる大規模なものがほとんどでした。これは、不特定多数の顧客に向けたもので、その規模は大きく経費も企業にとってかなりの負担となります。また、大きく広告を打って出た割に、その効果は芳しいものではなく、費用対効果としてはかなり低いものと言えるでしょう。こうした中、オウンドメディアはこれからのマーケティングとして、各企業が注目しているのです。このサイトは、そのオウンドメディアのメカニズムについて説明します。

マス広告は、認知度を上げるには有効かもしれませんが、それが企業にとって売上に繋がるものとは言えなくなってきました。顧客は必要なものにしかお金を払いません。しかも、価値観が多様化する社会において、顧客のニーズも多様化し、マス広告では対応できなくなったのです。こういった時代の流れに見事に合致したマーケティング。それがオウンドメディアです。

オウンドメディアのメカニズムは、自社サイトのコンテンツを充実させ、さらに他のメディアを補完し、企業価値を高めるものです。顧客目線での商品の紹介、SNSやマス広告との連携などで、顧客からの信頼を得て、それが結果的に商品の購入へと繋がっていくのです。もちろん、自社サイトということで費用面での負担も小さく、さらに顧客のニーズに細かく対応できるため、費用対効果にも優れ、これからのマーケティングの主役となる存在と言えるのです。